公演情報

どんぐりず 新規公演決定!

東京 2022/1/27(木) 恵比寿LIQUIDROOMにてどんぐりず Presents “COME ON”の開催が決定!

公演詳細はこちら

FESTIVAL

静岡で開催されるマグフジエクストライベント
12/11(土)にキュウソネコカミの出演が決定!チケット一般発売もスタート!

詳しくはコチラ
 

公演情報

ANTHEMデビュー35周年/再結成20周年を終え新たな章に突入する『ANTHEM』の、未来へ向かうスペシャル・ライヴ!! 公演詳細が発表!先行情報も!

公演詳細はコチラ

公演情報

KING CRIMSON 11/27(土)、28(日)東京公演グッズ先行販売、当日券のご案内と来場者情報シート事前登録のお願い


■グッズ先行販売 15:00~16:30  
※時間は状況により前後する場合がございます。
※クレジットカード、電子マネーがご利用いただけます。(QR決済はご利用いただけません。また、通信状況によっては取り扱いを中止する場合がございます。予めご了承ください。)
取り扱いカードブランド:JCB、VISA、MASTERCARD、AMERICAN EXPRESS、DINERS CLUB、DISCOVER
取り扱い電子マネー:各種交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay

■当日券販売 16:00~会場当日券売り場にて販売 
¥17,000-(税込)
※S席のみの販売予定です。現金およびクレジットカード対応予定。

◎ご来場のお客様は開場後スムースにご入場いただくために、来場者情報シートの事前登録にご協力をお願いいたします。
▽来場者情報シート登録のURLはこちら→ https://forms.gle/cjqJ2ksHJXiphX2z8 
※現在は11/27(土)、28(日)東京公演の登録が可能です。

スマートフォンやウェブサイトでの登録ができない場合は当日手書き用の登録シートを用意していますのでご利用ください。

公演詳細はコチラ

公演情報

KING CRIMSON 日本でのリハーサルの模様が掲載!

バンドのツイッターに日本公演に向けたリハーサルの模様が掲載されています。
メンバーの笑顔が今回の日本公演も素晴らしいもになることを予感させてくれます!

公演詳細はコチラ

公演情報

KING CRIMSON ロバ—ト・フリップ氏による手記の日本語訳が公開!

KING CRIMSONを率いるロバ—ト・フリップ氏による日本公演に向けた手記がバンドのウェブサイトにアップされました。
その日本語訳を公開いたします。
ここに完成する、日本に於ける40年間にわたるKING CRIMSONの活動の歴史。集大成となる来日公演をお見逃しなきように。




KING CRIMSON IN JAPAN

1981年12月9日水曜日、キング・クリムゾンは、東京・渋谷公会堂で日本初公演を行いました。



そして、2021年12月9日木曜日、キング・クリムゾンは”「日本での集大成となるツアー」”を完了して帰国の途に就きます。

40年以上にわたるキング・クリムゾンの歴史の中で、日本が占める重要性は誇張することはできません。
日本の観客や音楽業界からのサポートのレベルは、キング・クリムゾンの非連続的な連続性の重要な要素となっています。

1967年にドーセット州からロンドンに引っ越してきた田舎者の私にとって、ロンドンは圧倒される街でした。1977年にニューヨークに移り、ニューヨークでの驚きはロンドンの3倍。東京とニューヨークの驚きの差も、私の中では3倍なのです…
(ドーセット 1 ロンドン3 ニューヨーク 9 東京 27)

1981年12月、イギリス人のツアープレーヤーにとって、日本の文化は神秘的で奥深くを理解するのは難しいものでした。しかし、自分でも気が付かない内に、礼儀作法に反する行為をしてしまい、深い不快感を与えている可能性があることに気が付きました。

キング・クリムゾンの最初の東京での宿泊ホテルはニューオータニでした。毎朝3時間、ホテルのビュッフェレストランで日本の味と西洋の味の両方を味わい、見て、熟考し、執筆していました。当時最も印象的だったのは、45歳以上の世代とそれ以下の若い世代との間にある違いでした。上の世代は伝統的な服を着て足を曲げており、若い世代は西洋風の服を着ていたのです。

アメリカやイタリアに比べて、日本の観客は奇妙なほどに静かでした。バンドは、なにか失敗したかなと思っていましたが、演奏の最後に盛大な歓声が上がったのです。我々は日本でのキング・クリムゾンの人気についてほとんど知らなかったのです。 だからこそ、私たちは何度も戻ってきているのです…

The Discipline Quartet
December 9-18th. 1981
April 28 – 11th. May 1984

The Double Trio
October 1-14th. 1995

The Double Duo
October 2-16th. 2000
April 12-21st. 2003

The Seven-Headed Beast Of Terror
December 7-21st. 2015

The Eight-Headed Beast Of Terror
November 27–21st. 2018

The Seven-Headed Beast Of Terror II
November 27– 8th. December 2021

2021年、表面的には日本の街は以前より明らかに西洋化が進んだと思います。私はそれがそれほど深い意味を持つとは思っていませんが、1981年の時と比べると、日本で私がお辞儀する回数は増えましたし、靴を履き替える頻度も増えましたが、いまだに何か礼儀作法を間違えていることがあるのかもしれません。それでもきっと日本のマナーや礼儀正しさによって許してもらえるのでしょう。




原文はこちら
https://www.dgmlive.com/news/king-crimson-in-japan

公演詳細はコチラ