FESTIVAL

SUPERSONIC 開催延期のお知らせ

9月19日(土)・20日(日)・21日(月・祝)に予定しておりましたスーパーソニックは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を注視しながら政府・自治体からのガイドラインを基に開催に向けての準備を進めてまいりました。
しかしながら懸案事項となっておりました海外アーティストの来日に関しまして「新型コロナウイルス感染症の拡大防止」対策下における日本への入国規制の解除の見通しが立たない状況に加え、この数週間の国内外の感染が拡大している状況の中、ご来場のお客様・アーティスト・スタッフの安全を確保しての開催が難しいという判断に至り、2021年に開催を延期とさせて頂く事に致しました。
延期日程は会場側との調整がつき次第ご案内致します。

チケットをご購入して頂きました皆さま、出演アーティストの皆さま、そして開催のためにご尽力して頂いた関係各社の皆さまには、これまでのサポートへの感謝と共に延期という結果になってしまった事を心よりお詫び申し上げます。
ご購入して頂きましたチケットは来年の日程にそのまま有効となりますが、ご希望のお客様には払い戻しの対応をさせて頂きます。

払い戻し方法は近日中に改めてご案内致します。

また、先日実施したクラウドファンディングにてご支援頂いた多くの皆さまにも改めて御礼を申し上げます。
今後開催されるクリエイティブマン主催公演、来年のスーパーソニックでの感染症対策として有意義に活用させて頂き、後日活動報告をさせて頂きます。

この困難を乗り切り、来年の会場でお会いできることを楽しみにしております。
フェスのある日常、ライヴのある日常を1日も早く取り戻しましょう。

SUPERSONIC事務局




クリエイティブマン代表 清水直樹のコメント

コロナに潰された数々のフェスティバルの無念を思いながら、絶対にスーパーソニックの時期にはコロナと向き合っての開催を目指していました。
しかし、今回のアナウンスの内容が全てです。
そしてこの数週間、スーパーソニックは是が非でも実現してくれという声以上に、特に海外アーティストからの来日することへの不安、そして来場者の「今観に行っていいの?」という不安の声が一層大きくなってきていました。ここがデッドラインです。
私達も今年は負けました。ここまで信じてきてくれた皆さま、感謝と共に心よりお詫びします。

来年の開催も同じ場所、同時期での実現に向けて交渉に入ります。ここまで当日プレイする気持ちを維持してくれたアーティスト、これから発表しようというタイミングを待っていてくれたアーティストには引き続き来年にも出てもらえるように頼みます。
チケットを買って開催を信じてくれていた人達、行きたいけど今は我慢しようと決めた人達も、2021年は2年分の笑顔を約束させて下さい。
そして、ここから始めようと黙々と作業をすすめていてくれたスタッフの皆さん、ごめんまた出直しだね。皆で花火だけでも上げようか。

これからもサマーソニックの映像配信のように、今できる事を発信しながら、来たるライヴのある生活に向けて精進して行きます。世の中に溢れている素晴らしい曲を、生のアーティストを、その場で観れる日に向けて。もう少しの辛抱です。

クリエイティブマン代表
清水直樹


公演詳細はこちら

FESTIVAL

GREENROOM FESTIVAL’20 チケットの払い戻しについて

9月5日(土)、6日(日)にて、開催を予定していましたGREENROOM FESTIVAL’20は、安全に開催できるよう準備を進めておりましたが、政府による催物の開催制限と、ここ数日のコロナウイルス感染者が激増している状況による来場者、アーティスト、スタッフ、関係者の感染防止や安全を考慮し、2020年の開催を断念することにいたしました。
チケットをご購入いただいた方全員に対し、払い戻しをさせていただきます。

※お手持ちのチケットは次回開催の当イベントでは有効となりませんので、払い戻しのお手続きをしていただきますよう、お願い致します。

【払い戻し期間】
2020年8月5日(水)〜9月30日(水)


※一部、払い戻し期間が異なりますのでご注意ください。
払い戻し方法の詳細は公式ウェブサイトよりご確認いただけます。
ご購入先により払い戻し方法、期間が異なりますのでお間違いのないようにお気をつけください。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますよう何卒よろしくお願い致します。

詳しくはこちら:https://greenroom.jp/tickets/

FESTIVAL

GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止のお知らせ

いつもGREENROOM FESTIVALを応援していただき、誠にありがとうございます。

9月5日(土)、6日(日)にて、開催を予定していましたGREENROOM FESTIVAL’20は、安全に開催できるよう準備を進めておりましたが、政府による催物の開催制限と、ここ数日のコロナウイルス
感染者が激増している状況による来場者、アーティスト、スタッフ、関係者の感染防止や安全を考慮し、2020年の開催を断念することにいたしました。
開催を楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

開催中止に伴い、チケットご購入者全員に対し、払い戻しをさせていただきます。
詳細につきまして、調整が整い次第オフィシャルサイトにて改めてご案内いたします。

いつも応援してくださる皆様、このような不安定な状況下でもチケットをご購入いただいた皆様には大変感謝をしております。
本当にありがとうございます。

ここまで15年間開催をしてきたGREENROOM FESTIVALとしては初めての出来事で、開催断念は断腸の思いです。
今年皆様にお会いできないことがとても残念ですが、お客様一人一人が安心してご来場いただけるよう、来年の5月開催に向け準備を進めて参ります。

皆様の笑顔と健康、そして一日でも早い事態の収束を心より願っております。

GREENROOM FESTIVAL 実行委員会

詳しくはこちら:https://greenroom.jp/

FESTIVAL

SUPERSONIC 第4弾アーティスト発表!!

今年限りの秋フェス=スーパーソニック、第4弾アーティスト発表!!
石野卓球、藤井 風、origami SUPERSONIC sessions、SKY-HI、さらにBiSH大阪追加出演に加え、第一弾目のオープニングアクトが決定!


まずはスクリレックスやKYGO、スティーヴ・アオキといったDANCE MUSICシーンの名だたるDJ陣が名を連ねる9/19大阪9/20東京に長年に渡り日本のテクノ/クラブシーンをけん引するトップDJ石野卓球の出演が決定。東京9/19には、日本を代表するレーベル&クリエイターチーム origami PRODUCTIONSのメンバーにより編成されるorigami SUPERSONIC sessionsが登場、当日はSUPERSONICの一日限りのスペシャルなコラボが見られるかも。9/20大阪9/21東京には新人ながら猛烈な勢いで人気上昇中の令和の天才シンガー藤井 風が、さらにHIPHOPシーンのみならず幅広く支持を集める新世代を代表するラッパーSKY-HIが9/19大阪9/21東京に登場。また9/19東京公演への出演が決まっていたBiSHが9/20大阪への出演も決定いたしました。

そしてSUPER SONIC各日の幕開けを飾るオープニングアクト第一弾として、ステレオガール、SASUKE、ものんくる、どんぐりず、Omoinotake、しなの椰惠といった、未来の音楽シーンを支えるであろう才気溢れるアーティストが決定しました。

現在チケット発売中! ご好評の為追加発表いたしましたSUMMER SONIC 2020 ARCHIVE FESTIVALの豪華配信第二弾を7/22(水)23(木・祝)に予定しております。
オンラインで、そして秋のSUPERSONICでお会いしましょう!
SUPERSONIC、今後の公演に向けたクラウドファンディングにも是非ご協力ください。

詳細はこちら

FESTIVAL

GREENROOM FESTIVAL ’20 9月5日(土)にclammbonの出演が決定!

2020年9月5日 (土)、 6日 (日)に横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催される、サーフカルチャーをルーツに持つ
日本最大級のカルチャーフェスティバル「 GREENROOM FESTIVAL’20」の追加アーティスト情報を発表いたします!

《追加アーティスト》
5日 (土 )に、野外音楽フェスに欠かせない存在として愛され続けるclammbonの出演が決定しました。

《出演アーティストキャンセルのお知らせ》
EGO-WRAPPIN’は新日程の調整がつかず、出演を見送ることとなりました。
出演を楽しみにしてくださっていたお客様には、心よりお詫び申し上げます。

【ARTIST LINEUP】
9/5(土)
!!! / José James / Nulbarich / Oscar Jerome / never young beach / 平井 大 / LOVE PSYCHEDELICO / clammbon /
SPECIAL OTHERS / TENDRE / LUCKY TAPES / D.A.N. / STUTS / showmore / yonawo / みゆな and more…

9/6(日)
ASIAN KUNG-FU GENERATION / Dragon Ash / Suchmos / 佐野元春 & THE COYOTE BAND / RHYMESTER / PUFFY /
SIRUP / GLIM SPANKY / KANDYTOWN / TRI4TH / 武藤昭平withウエノコウジBAND SET / 佐藤千亜妃 / NakamuraEmi / the
chef cooks me / Vaundy / Blue Vintage / FAITH  and more…


詳細は:https://greenroom.jp/

FESTIVAL

From SUPERSONIC

いよいよ明日の7月11日スーパーソニックの発売日をむかえます。東京の3日券は間も無く完売となりそうで、皆のフェスティバルを取り戻そうという熱意をひしひしと感じています。そんな中スーパーソニックの現状を伝えたいと思います。


世界中の音楽フェスティバルが今年の開催目処が立っていない中で、先ずは日本から始まる事で希望を持ってもらいたいと思っています。台湾では、台北アリーナが8月からは通常のキャパシティでスタートすると、先日現地のプロモーターから聞いて私も勇気をもらいました。9月の開催に向けては、キャパシティを60%に下げており、各ステージの動員人数とブロックを分けるシミュレーションを始めています。そして、当日会場に来れない方々にも配信での参加を可能にします。
日本のオーディエンスだから可能である、マスク着用と小まめな消毒体制に加えて、お互いを気遣ったKeep Distance とNo Loud Talkingをテーマに、世界に先駆けてスタートしようとしています。


しかしです。今は、まだ海外のアーティストのVISAの審査が進んでいない状況が続いています。NY、LA、LONDONの日本以上に早いロックダウン開始から、もっと早い回復を期待していましたが、日々変わっていく世界の情勢に振り回されながら数ヶ月が経っています。今年のスーパーソニックにおいての海外アーティストの内訳は、アメリカとイギリスからが90%となっています。そのため、この両国と日本がビジネスでの渡航を可能にしない限りフェスが成り立ちません。私達は今まで通り、引き続き入国管理局と情報を交換しながら、申請を継続・交渉をし続けます。まだ待ってくれているアーティストに状況をきっちりと伝えながら、開催実現に向けて準備を進めていきます。


今は開催出来ても、もし仮に出来なくても、チケットを買ってくれた方々には最善の結果を考えています。
今年のスーパーソニックが開催されない場合は、もちろんチケットの払い戻しを行います。そして、来年に延期となった場合は、そのままチケットは有効となります。この報告が少しでも安心を与える結果であることを期待しています。このようなリスクと共に、同じ目標に向かってスーパーソニックの開催を信じている皆様、後1ヶ月私達スタッフと夢を共有してください。

クリエイティブマン代表
清水直樹


SUPERSONICオフィシャルページ

FESTIVAL

開催中のクラウドファンディングに多数の応援コメントが到着!

SUPERSONIC / 今後の公演再開に向けて実施中のクラウドファンディングに、蒼山幸子BiSHちゃんみなDizzy Sunfistiriザ ・リーサルウェポンズLOVEBITESNulbarichPassCodePay money To my pain (アーティスト名順)の10組のアーティストより応援コメントを頂きました!

皆さまのお力添えにより、わずか数日で目標100%を達成した本プロジェクトは、安全に配慮した更なる対策の拡充のため、目標200%のストレッチゴールに向けて、7月末まで実施中です。

なお、本日より追加のリターンといたしまして、開始間もなく限定数に達し、多くの方からリクエストを頂きました洋楽公演チケットクーポンのほか、歴代のサマソニロゴをまとった復刻版Tシャツ、エコバッグ等の支援コースも発表しました。

アーティストからのメッセージとともにぜひご覧いただき、引き続きご支援の程、よろしくお願い致します。

クラウドファンディングページはこちら

FESTIVAL

SUPERSONIC開催に向けて

新型コロナウイルス感染症対策を講じ、ご来場のお客様・アーティスト・関係スタッフの安全を十分に考慮して開催致します。
現在、政府より発表されている「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」や行政機関からの指導を基に、会場側とも協議を重ね実施に向けたガイドラインを作成しています。

まずは大きな指針として以下の項目をお知らせ致します。

■キャパシティの制限
キャパシティを減らし、ソーシャルディスタンスを保つ場内レイアウトや誘導スタッフの配置を行います。

■ステージ数
東京は3ステージ、大阪は2ステージで全て屋外となります。

■感染症対策
入場時の検温、消毒や手洗い場を設置し来場者、スタッフにはマスクの着用をお願いします。
お客様同士の距離を保って休憩できるエリアを設置します。

■チケット購入者情報について
ご入場時及びチケット購入時にご登録いただいたお名前、ご連絡先を、政府の要請に基づき保健所等の公共機関へ提供させていただく可能性があります。
また、入場時に身分証明書の確認をお願いする場合もございます。
来場前に「新型コロナウイルス接触確認アプリ」をダウンロード・登録して頂きますようお願い致します。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

■映像配信の実施
ご来場できないお客様のためにも、有料の映像配信を行う予定です。

具体的な対策内容・詳細につきましては、今後の状況等を考慮し随時オフィシャルサイト・SNSにてお知らせ致します。
ご来場のお客様にも感染予防対策や特別なオペレーションにおきましてご理解とご協力をいただきますよう何卒よろしく願い致します。

SUPERSONICオフィシャルページ

FESTIVAL

SUPERSONIC 第3弾アーティスト発表!!

東京にニッキー・ロメロ、88RISING他、大阪にブラック・アイド・ピーズ他が決定!!

まずは東京、9/19には大阪出身の今年注目のロックバンド Novelbright、LAUVのリミックスでも話題のマルチアーティスト Vaundyが追加に。
9/20にはプロデューサーとしても数々のヒット曲を手がけてきたオランダ出身の世界的DJ NICKY ROMERO、世代を超えて愛されるポップ・ユニットm-floが、 9/21には、世界を席捲するアジア発のヒップホップ集団 88RISINGとしてRICH BRIANとNIKI、さらに日本から川崎出身のヒップホップ・クルー BAD HOP、サーフミュージックを軸に活躍するSSW 平井 大が決定しました。

そして大阪9/19には、2年半ぶりとなる新作『トランスレーション』を発表したばかりのグラミー賞6度受賞、26週間連続全米1位の最長記録を持つ3人組ヒップホップ・グループ BLACK EYED PEASの出演が決定しました!
Novelbright、Vaundyも大阪9/20に追加となります。

チケットは引き続きオフィシャル先行を受付中!
また、先週より話題のSUMMER SONIC 2020 ARCHIVE FESTIVALでは、この週末UNDERWORLDRADIOHEADのフルセットが楽しめます!
今はオンラインで、そして秋のSUPERSONICでお会いしましょう!
SUPERSONIC、今後の公演に向けたクラウドファンディングにも是非ご協力ください。

詳細はこちら

FESTIVAL

「マグロック2020 / フジソニック2020」 開催見送りに関してのお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により例年より遅れてのアナウンスとなりましたが、2020年の開催有無に関しましてご報告させて頂きます。
2015年の「マグロック」「フジソニック」開催から6回目となる今年は、
10/3(土)「フジソニック」10/4(日)「マグロック」としての開催を目指し
各方面と協議、調整を重ねて参りましたが、
残念ながら本年度の開催は見送らせて頂くことになりました。

この決断に至るまでの経緯として、昨年から出演を快諾頂いていたアーティストや、
またこのような状況下にあっても開催を目指す我々の意向に賛同頂き
多くのアーティストや関係者に前向きに出演・参加を検討頂いておりました。
しかしながらご来場頂くお客様並びに出演アーティスト、
関わって頂くたくさんのスタッフの感染防止を最優先に考慮しながら、
同時にロックフェス本来の楽しさや喜び、また円滑な運営を最低限キープするためには、
皆様の多大なるご理解やご協力を得られたとしても現時点で見通しの立たない部分も含め
超えられない壁や侵すことの出来ないリスクがいまだ数多く存在しています。
そうした不安の拭えない中、過去5年に渡り関わって頂いた皆さんと培ってきた歴史や、
来年以降も再び同地でこのフェスを続けていくことの重要性を鑑み、
最終的に前向きな判断として今年の開催は見送るという結論に至りました。

開催及び開催の発表を楽しみにお待ち頂いていた皆様、
出演や協力の意向を示して頂いていた皆様には心よりお詫び申し上げます。
今後の新型コロナウイルスの収束状況や各地でのイベント再開状況等を見ながら、
来年の開催日程につきましてはなるべく早い段階で皆様へお伝え出来ればと思っております。

来年の開催では改めてたくさんの皆様と静岡清水の地でお会いできますよう、
新型コロナウイルス感染の影響が一日も早く収束することを願っております。

フジソニック2020 / マグロック2020事務局