NEWS

2019.10.10

難病を乗り越え復活を遂げた最強不屈のロック・プリンセス!
大好評だった北米ツアーに続き、来年はヨーロッパからのワールド・ツアーが始動!
そして6年ぶりのジャパン・ツアーが2020年 5月 開催決定!




詳細は後日発表!!

メールマガジンを登録して
最新情報、先行情報を
チェック!

PROFILE

AVRIL LAVIGNE アヴリル・ラヴィーン | THE WORLD TOUR JAPAN 2020

アヴリル・ラヴィーン


世界トータルセールス4000万枚、カナダ出身の最強無敵のロック・プリンセス、アヴリル・ラヴィーン。16歳で契約し、17歳で発表したデビュー・アルバム『レット・ゴー』(‘02)からのファースト・シングル「コンプリケイテッド」はリリースされるやいなや世界中で大ヒット。さらに「スケーター・ボーイ」等のヒットがうまれ、アルバムは世界的大ヒットを記録した。 セカンド・アルバム『アンダー・マイ・スキン』(’04)は、「ドント・テル・ミー」「マイ・ハッピー・エンディング」のシングルヒットによりアルバムは全米チャート初登場1位、日本でもオリコン総合ランキング2週連続1位に輝く。日本国内のアルバム売上枚数も200万枚超えを記録。
サード・アルバム『ベスト・ダム・シング』(’07) は米英含め15カ国で1位、日本でもオリコン総合ランキング1位を獲得に加え売上枚数が120万枚を突破し、デビュー以来3枚連続ミリオン達成という快挙を達成。日本の洋楽史上、いまだその記録は破られていない。同アルバムに収録されている全米1位シングル「ガールフレンド」は日本で400万ダウンロードを記録する空前の大ヒットに。
2011年3月、ヒット・シングル「ワット・ザ・ヘル」を収録した4作目『グッバイ・ララバイ』を発売し、翌年に2回のさいたまスーパーアリーナを含む来日公演を敢行。2012年には、大ヒット映画『ワンピース フィルム ゼット』のW主題歌(「バッド・レピュテーション」、「ハウ・ユー・リマインド・ミー」)を歌い、大きな注目を集めた。
2013年11月、通算5作目にして初のセルフタイトル・アルバムとなる『アヴリル・ラヴィーン』を発表。「ロックンロール」「ネヴァー・グローイング・アップ」を収録した同アルバムは全米トップ5位を果たし、日本で撮影された「ハロー・キティ」MVでも話題を呼んだ。 翌年は、武道館公演2回を含む来日公演とSummer Sonicで二度の来日を果たしている。
2018年9月6日(US時間)、2014年12月にライム病と診断され、以来闘病中であったことを告白するとともに、その苦難の中で新曲「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」を書きあげたことを報告。US時間9月19日(日本時間9月20日)、待望の新曲「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」をリリース。闘病中、深く自分を見つめなおし、音楽を作ることができたという最新アルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』を2019年2月15日に発売し、世界中から大絶賛の声が集まる。3月には5年ぶりにプロモーション来日を果たし、ファン・イベントでその歌声を披露するなど、<完全復活>を遂げた元気な姿を見せた。
音楽活動と並行し、2010年に自身が立ち上げた慈善財団「アヴリル・ラヴィーン・ファンデーション」で慈善活動を継続。現在、ライム病を始めとする難病患者支援のためのチャリティ活動を精力的に行っている。
http://theavrillavignefoundation.org
また自身のファッション・ブランド「Abbey Dawn」(アビー・ドーン)も展開中。
http://www.abbeydawn.com/

RELEASE


あらゆる苦難に立ち向かう、闘うすべての人たちへ
生きるための勇気と希望を歌う、アヴリル最新章

5年ぶり通算6作目、世界待望の新作
『HEAD ABOVE WATER
ヘッド・アバーヴ・ウォーター』

¥2400+税 / SICX-30067