公演情報

GRETA VAN FLEET 大阪公演の当日券販売のお知らせ

1/22 (火) Zepp Osaka Bayside 公演の当日券を18:30から会場当日券売場において1Fスタンディング ¥7,000-(税込/1Drink別)にて販売致します。

公演ページはコチラ

公演情報

ULI JON ROTH 東京・愛知公演の当日券販売のお知らせ

下記公演の当日券を18:00から会場当日券売場にて販売致します。

1/21 (月) 中野サンプラザ
プレミアムシート ¥21,000-(税込/全席指定)
指定席 ¥9,000-(税込/全席指定)

1/22 (火) 名古屋 DIAMOND HALL
¥9,000-(税込/All Standing/1Drink別)

公演ページはコチラ

公演情報

CHTHONIC 大阪公演にBLOOD STAIN CHILD 急遽ゲスト出演決定!

東京公演のSEX MACHINEGUNSに続き
大阪公演にBLOOD STAIN CHILDがゲスト出演決定!

詳しくはコチラ

FESTIVAL

GREENROOM FESTIVAL’19 第1弾アーティスト発表!

毎年国内外から豪華アーティストが集結する「GREENROOM FESTIVALʼ19」の第1弾出演アーティストが発表!
海外からは、メロウでカラフルなソングライティングと⽢いヴォーカル、またトラックメイカーとしても⾼い評価を受けている若⼲20歳の新鋭Tom Misch、グラミーにもノミネートされソウルフルで、優しい歌声を持つイギリス出⾝のシンガーソングライターCorinne Bailey Raeの参戦が決定!国内アーティストでは、幅広い年代から⼈気を集め昨年デビュー20周年を迎えたクレイジーケンバンド、⼀貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続けている⽇本で唯⼀無⼆の⼥性アーティストChara、パンクスピリッツ溢れるオルタナティブロックバンドThe BONEZ、ブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドで独⾃のスタイルを持つバンドNulbarichの出演が決定。更には、俳優としても活躍し表現の場を広げているフォークシンガーの⽵原ピストル、幅広い世代に届く楽曲と、親近感溢れるライブで多くのファンを魅了し続けるHY、ギタリストichika(Gt)率いるInstrumental Bandのichikoro、 powerfulな歌声とリリックで独特なスタイルを確⽴しているNakamuraEmi、ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト TENDRE、デビューアルバムがiTunes オルタナティブ部⾨で1位を獲得するなど今注⽬を集めているシンガーソングライターのReN等注⽬アーティストの出演発表。今後も豪華出演者が続々と発表されますのでご期待ください!

2019年 5⽉25⽇(⼟)・26⽇(⽇)
横浜⾚レンガ地区野外特設会場
 
About 「GREENROOM FESTIVALʼ19」
2005年よりスタートし、今年で15周年を迎えるサーフカルチャーをルーツに持つ、 MUSIC・ART・FILMのフェスティバル
「GREENROOM FESTIVALʼ19」は2019年5⽉25⽇(⼟)、26⽇(⽇)の2⽇間、横浜⾚レンガ地区野外特設会場にて開催致します。
“Save The Beach Save The Ocean”のコンセプトを掲げ、急速に減少しているビーチと海の環境を守る為の活動も⾏なっています。

オフィシャルサイト
http://greenroom.jp

FESTIVAL

サマーソニック2019 ヘッドライナー 第三弾発表!

全世界でのトータル楽曲再生数140億回、ビデオ再生数80億回を超える
世界的ヒットメイカー、ザ・チェインスモーカーズの出演が決定!!!


最後はサマーソニックらしく初のメインステージ出演と共にヘッドライナーに抜擢されたのはザ・チェインスモーカーズです。2016年はまだビーチステージ&フォレストステージだった彼らですが、その時にメインステージを見ながら必ず数年後にここを満員のオーディエンスで埋めてやると誓いました。それからの世界でのブレイクは誰もが知るとおりで、昨年の日本ツアーでは東京2万人、大阪1万人をSold Out。EDM/POPの進化系ライブを見せつけた彼らが、ウォーミングアップは万全と満を持してのクロージングを果たします。その前にも人気DJ達が控えていて、この日は真夏のポップ・パーティの開催です。お酒は二十歳を超えてから。飲んでも飲まなくても一緒に盛り上がりましょう。

今後も自信を持って続々とアクトを発表して行きます。そして20周年を記念して、東京、大阪共に1日券、3日券のチケット代の値下げを敢行しました。昨今の海外アーティストの単独チケット代とさして変わらない金額で1日中遊びつくして、きっと多くのアーティストとの出会いがあることでしょう。皆さんの20年の音楽への愛をぶつけにぜひ来場をお待ちしています。

クリエイティブマン代表 清水直樹

http://www.summersonic.com/

公演情報

ULI JON ROTH 1/24 神田明神ホールでのAcoustic Showの出演メンバーが決定!

〈出演メンバー〉
Uli Jon Roth – Guitar & Vocals
Niklas Turmann – Guitar & Vocals
Simon Foster – Bass & Vocals
+ Michael Flexig – additional lead Vocals
+ David Kloskinski – Guitar during a few songs only
+ Didi Möller – additional keyboards

チケットは残り僅かですのでお早目に!

JAPAN TOUR 2019 <Acoustic Show>はこちら

FESTIVAL

サマーソニック2019 ヘッドライナー 第二弾発表!

2組目のヘッドライナーとしてサマソニ史上初の
日本人アーティスト、B’zの出演が決定!!


待望の日本からの初ヘッドライナーは超ド級スタジアム・ロック・アクトのB’zです。数々の海外の大物がプレイして来たこのSlotにこれ以上相応しいバンドは思い浮かびません。10周年の時の盟友リンキン・パークとのダブルメインでのパフォーマンスや、サマーソニック2013の前々夜に開催されたエアロスミスとのダブル・ビルでのエアロソニック。今回も二つ返事でOKをくれたそのサマソニへの愛情と競演の実績は他に類を見ません。国内での他の追随を許さない数々の輝かしい記録は、日本を代表して海外の猛者と十二分に張り合えるスーパースターの貫禄あるショウを愛のままに見せつけてくれることでしょう。

いよいよ明日は最後のヘッドライナーと頑張ったチケット代などをまとめて発表します。

クリエイティブマン代表 清水直樹

http://www.summersonic.com/

公演情報

TAKING BACK SUNDAYからメッセージ動画が到着!

いよいよ来日間近!チケットは残りわずかです!お早めに!

詳しくはコチラ

公演情報

Fear, and Loathing in Las Vegasからのお知らせ

Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが平成31年1月12日深夜に自宅にて急性心不全により死去いたしましたことをご報告致します。
なお、葬儀はご遺族の意向により15日に近親者のみにて執り行われました。

あまりにも突然の出来事にメンバー、スタッフ一同、現実を受け止められていない状況です。
多くの人々に愛されたKeiはFear, and Loathing in Las Vegasにとっても同様にかけがえのない、大切な存在でした。
Keiの冥福を祈りますと共に、生前多大なる応援をいただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

最後に、この訃報に伴い現在予定されているアルバムのリリース、ツアー、および主催フェス「MEGA VEGAS」の開催は一旦全て中止とさせていただくことをご了承ください。
それぞれ払い戻し等に関しては別途アナウンスいたします。
皆様にご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。

また、今後もFear, and Loathing in Las Vegasの活動は継続していく予定でおりますので皆様にまたお目にかかれる日まで、どうか温かく見守っていただけますと幸いです。

Fear, and Loathing in Las Vegas

去る平成31年1月12日深夜、Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが急性心不全により逝去致
しました。ツアー並びに弊社主催フェスでの生前のご活躍に心から感謝申し上げますと共に、故人のご冥福を心よりお祈
り申し上げます。
以下開催が予定されていたツアー、日程・会場のみ告知されておりました主催フェス「MEGA VEGAS」につきましてはす
べて中止とさせて頂きます。
先行受付済みのチケットの払戻詳細につきましては別途ご案内させて頂きますので少々お待ち下さい。
多大なるご迷惑おかけしますことお詫び申し上げます。

クリエイティブマンプロダクション

●開催中止となる公演

4/6(土) Zepp Sapporo
4/10(水)Zepp Tokyo
4/13(土)T.O.P.S BittsHAL
4/20(土)周南RISING HALL
4/27(土)京都KBS ホール
4/29(月・祝)富山MAIRO
4/30(火・祝)金沢EIGHT HALL
5/4(土)高松MONSTER
5/6(月・祝)名古屋ダイアモンドホール
5/18(土)静岡ROXY
5/23(木)水戸ライトハウス
5/25(土)盛岡club changeWAVE
5/26(日)郡山#9
6/1(土)広島BLUE LIVE HIROSHIMA
6/2(日)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
6/8(土)柏PALOOZA
6/9(日)横浜BAY HALL
6/23(日)仙台GIGS
6/29(土)新潟LOTS

先行受付済みのチケット払い戻しにつきましては改めてご案内させて頂きます
ご購入頂いたプレイガイドによって払戻方法が異なりますのでご確認の上お手続きをお願い致します

メンバーより

まず、今回このようなお知らせをすることとなり応援してくださっている皆様、関係者の皆様に多大なるご心配をおかけしてしまったことを心よりお詫びいたします。
また先日の北海道のライブでは止むを得ず当日キャンセルとなってしまい楽しみにしてくれていた皆様、他の出演者の皆様、イベント運営の皆様にもご心配、ご迷惑をおかけしました。
本当に申し訳ありませんでした。

おれが生きてきた中で最も密に接しているのはバンドメンバーです。
その一人が帰らぬ人となり、とても文章には出来ないような悲しさがあります。

Keiさんは、こんな人見たことないと思うくらい、いい意味でお人好しで周りのみんなのためにいつも動いている人でした。
おれのために、時には厳しく声をかけてくれましたがどうしてもその裏の優しさがにじみ出てしまうような本当に優しい人でした。

素直で努力家で情に厚く、少し天然なところも魅力的でバンド内外のみんなからとても愛されていました。
ライブ等でKeiさんを見たことがある人はわかるかと思いますが
見てるこちらも笑顔にさせてもらえるような、彼の人柄が反映された屈託のない笑顔が忘れられません。
あの笑顔がもう二度と見られないかと思うと、また涙が出てきてしまいます。

Fear, and Loathing in Las Vegasはとてもとても大きな存在を失いました。
この穴を埋めることは出来ないし、この悲しみを乗り越えることが出来るのかどうかもわかりませんが
今思っていることはこのバンドをずっと続けていきたいということです。
亡くなってしまったKeiさんの分まで頑張って、毎日精一杯濃厚に生きていきたいと思っています。

結成10周年の節目の始まりで、皆で意気込んでいた矢先の出来事でした。
今年予定していた沢山のスケジュールは一旦白紙に戻されましたが、ほんの少しだけでもいいので
Fear, and Loathing in Las Vegasに時間をください。
皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしてしまい心苦しいです。
申し訳ありませんが、この後沈黙があっても次の報告が出来るように動いていると信じてもらえれば幸いです。
これからもFear, and Loathing in Las Vegasをよろしくお願いします。

Fear, and Loathing in Las Vegas / So

あまりに突然のことで、訃報を聞いた時は本当に信じられませんでした。
葬儀場でKeiさんの顔を見て、本当に亡くなってしまったんだと実感しました。
ただただ悲しいですし、まだ現実を受け止めきれていないです。

5年前Keiさんがラスベガスに加入してから今まで
彼の努力家なところや純粋で責任感のあるところ、優しくて
まわりのために動いてくれるところをずっと見てきました。
Keiさんの熱心な姿勢に気持ちを引っ張ってもらったことも多く
バンドにとても良い影響を与えてくれていたと思っています。
何気ない話をしていてもよく笑わせてくれたし、お酒を飲んだときは盛り上げてくれたり
バンドを和ませてくれることも多かったです。
Keiさんは絶対にラスベガスにいなくてはならない存在でした。
ずっと一緒にバンドをやりたかったです。ただただ残念です。

僕らはラスベガスを絶対に続けるし、Keiさんの分も精一杯生きて
ラスベガスを良いバンドにしたいです。ここで止まってはいけないと思ってます。
日頃応援してくれているファンの皆様や、お世話になっているバンドの方々
関係者の方々には大変ご心配をおかけしたと思います。本当に申し訳ありません。
この現実を受け止めるのにはどれぐらいの時間が必要なのかわかりませんが
必ずまた皆さんと共に音楽をすることを約束します。待っていてください。

Fear, and Loathing in Las Vegas / Minami

この度は、関係者の方々やアーティストの方々、応援してくださるファンの皆様に
悲しいお知らせをお伝えしてしまう事、そして、先日の北海道でのライブを
急遽キャンセルすることになってしまい、大変申し訳ありませんでした。
応援してくださる皆様にご心配をかけるお知らせばかりで心苦しいです。

訃報に接した際、絶対に認めたくなかったし、その前日や前々日何気ない会話で笑った事や
次のスケジュールの話をした事やとんちんかんな事を言って場を和ませてくれた事を思い返しています。

Keiの笑顔でベースを弾く姿、誰よりも努力家で純粋でひたむきな姿、
ベースの汚れを見てもわかる努力の証、彼なりの音楽との向き合い方に対して尊敬していました。

時にはものすごい剣幕で怒ってくれた事、寝ずに深夜から翌日昼まで私の話に付き合ってくれた事
ラスベガスに加入してくれた時の事、何気ない話をして笑いあった事
バンドに愛情を持って付き合ってくれた彼に対して
自分が感謝の気持ちをなかなか言葉にできなかったことが悔やまれます。
もっとKeiと乾杯して彼の好きだったお酒を一緒に飲みたかった。
同い年として年を重ねていく、彼とのバンド人生が楽しみでした。

絶対にFear, and Loathing in Las Vegasを終わらせないから
天国から私達の行く末を見守り続けていてください。

そしてKei、ラスベガスに加入してくれて本当にありがとう。
でも本当はこんな形ではいいたくなかったよ。
おれがそっちに行った時は乾杯しような!!
またな!!

Fear, and Loathing in Las Vegas / Taiki

この度、ベースのKeiが急性心不全のため死去いたしました。
大変急なご報告となったことを、ファンの皆様ならびに関係者の皆様に
深くお詫び申し上げます。

ただただ突然の出来事で、まったく実感もわきませんでした。
Keiが倒れる前日は、バンドの話をみんなで笑顔でした後、僕の家に来て二人で笑ってといういつもと変わらない光景でした。
葬儀場に行きKeiの顔を見たときになんでこんないいヤツが死ななきゃいけないんだ、とかご両親より先に逝ってしまうなんてそんなバカなことあるか、という想いが溢れてきて
そこで初めて涙が出てきました。

Keiと僕とは10年以上前から知り合いで、個人的にも仲が良く
友人時代に2人でバカな話をしていたことをつい最近のことのように思い出します。
Keiのことを思い返すと、あの屈託のない笑顔ばかりが脳裏によぎります。
Keiはそこにいるだけで、周りの人がみんな笑顔になれるような魅力に溢れた人でした。

きっとこの先、何度もKeiの死に向き合うことになると思います。
Keiの死に対して、今後明確な答えを僕自身が持てるかどうかはわかりません。
今でも、友人と仲間、そして家族を同時に失くしてしまったような感覚がふと急に襲ってきます。

僕たちラスベガスは、皆さんの悲しい顔が見たくてバンドをやっているわけではなく
笑顔を見たくてバンドをやっています。
僕たちがまたステージに立てるときがきたら、また笑顔の皆さんを見たいです。
そして、その時は少しだけでもいいので背中を押してくれると嬉しいです。
ただ、どうか今は、Keiの死を受け入れる時間、そしてまた笑顔でステージに立つための時間をください。
よろしくお願いいたします。

Fear, and Loathing in Las Vegas / Tomonori

FESTIVAL

サマーソニック2019 本日から3日間にわたりヘッドライナーを発表!

まず1組目は20周年にふさわしい世界最強のロックバンド、
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの出演が大決定!


サマーソニック20回目の祝祭に相応しい大物が動いてくれました。レッド・ホット・チリ・ペッパーズが今年まだ他に何も大きな話題を発表していない中で、唯一この夏真っ只中の日本にやってくることを約束してくれました。これは嬉しすぎます。彼らが前回サマソニに来てくれたのは忘れもしない2011年の東日本大震災の年。キャンセルと言われてもやむを得ないと思っていたさ中で、その王道のファンクネスをオーディエンスに叩きつけてくれました。今回も真裏にあるウッドストック50th anniversaryはお構いなしに、サマーソニック20周年を選んだレッチリに感謝と共に熱いエールを送りたいと思います。冬はてっちり、夏はれっちり。
さあ、明日はサマーソニック初の日本からのヘッドライナーの発表です。

クリエイティブマン代表 清水直樹

http://www.summersonic.com/