Rock Beats Cancer FES vol.6

第二弾アーティスト出演決定!!
出演:
LAZY(影山ヒロノブ、井上俊次、高崎晃)
LOUDNESS
GRANRODEO
怒髪天
JAM Project
ジミー桜井(MR.JIMMY/JBLZE)
…and more!

Rock Beats Cancerとは?

「Rock Beats Cancer」は、世界的なハードロック・ヘヴィメタルバンドとして知られるLOUDNESS(ラウドネス)のドラマー樋口宗孝さん(2008年11月30日に肝臓がんで逝去)の偉業を後世に伝え、また後身、若者への指導・教育に熱心であった彼の意思を引き継ぎ、LAZYのメンバーである井上俊次氏、影山ヒロノブ氏、高崎晃氏(現LOUDNESS)らの理解と支援を受け設立された「樋口宗孝がん研究基金(MHF)」により企画されたものです。

「樋口宗孝がん研究基金」では、樋口さんの偉業を後世に伝えると共に、晩年、樋口さんが力を注いだ後身(若者)の指導・教育から、将来ある子供たち、若者たち、そしてそれらの年代でがんを体験した若者たちを、音楽(ロック)で勇気づけるため2013年2月「Rock Beats Cancer FES」を初開催し、これまでに計5回開催。第6回となる今回は、LAZYとLOUDNESSの両巨頭に、アニソン界のロックユニットGRANRODEOに加え、第二弾発表アーティストとして、今回RBCには初出演となる、札幌が生んだJAPANESEリズム&演歌の至宝“怒髪天”、そして世界を股にかけるアニソン界のジャクソン・ファイブ?ことJAM Projectは、今回ユニットとしての出演でなく、それぞれのアーティストに、各メンバーがコラボと言う形で参戦!さらにLed Zeppelinの音楽の継承者として単独渡米し、現在は本家ジェイソン・ボーナム率いるJBLZEのメンバーとしても全米ツアー中、この一週間前にも同会場で単独来日公演を行うMR.JIMMYから、ジミー桜井(G)の参加が決定!果たしてどのような形でイベントに参戦するのか?熱いロック魂がぶつかり合う年末の一夜を見逃すな!!

TICKET INFORMATION

東京 2018/12/29(土) EX シアター六本木
開場・開演 OPEN 16:00 / START 17:00
チケット 前方スタンディング ¥7,500-
指定席 ¥8,500-
(各税込/1Drink別)
チケット発売日 12/1(土)10:00am~
チケット先行 チケットぴあ
期間:11/15(木)11:00~11/26(月)11:00
ローソンチケット
期間:11/15(木)15:00~11/26(月)23:59
プレイガイド イープラス
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:134-664
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:73925
※0570で始まる電話番号は、一部携帯・PHS不可
注意事項 ※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
INFO クリエイティブマン:03-3499-6669

主催:MHF
後援:大阪スクールオブミュージック専門学校 / 株式会社バンダイナムコアーツ / 株式会社ハイウェイスター
協力:がん情報サイト「オンコロ」
企画・制作:MHF/KATANA MUSIC KK / 運営:クリエイティブマン

Rock Beats Cancerの目的

一人でも多くの人たち、特に次の世代を担っていく若者が、がんの知識を持つきっかけとなることです。

今、毎年約2,500人もの子供たちが「がん」と診断され、15歳~39歳のAYA世代と言われる5,000人以上もの若い人たちが「がん」と診断され、過酷な人生に立ち向かっています。 小児・若年者の「がん」の特徴は、大人のがんと異なり、多くは検診は有効ではなく、また生活習慣により発生したものではないということです。

そんな中、彼らは厳しい治療を乗り越え、今も闘い、偏見や誤解の中、時に、再発の危険性に怯え、しかし、しっかり将来を見据え頑張っています。そして、より一層希望の持てる治療の開発を待ち望んでいます。

日本においては、現在も増え続けるがん。近年、治療の進歩はあるものの、未だに深刻な病気の一つです。
このような問題に直面する若い世代の人々は、この日本という国の「大切な財産」であるはずです。

このような事から、Rock Beats Cancer FESでは、このイベント、音楽を通じ、一人でも多くの人たちに、特に、次の世代を担う若者が、真正面からがんの知識をもつきっかけが作れるように、そして「がん」と闘っている数多くの若者を、少しでも勇気づけ、このイベントが将来のがん治療の研究に貢献できることを目的としています。

樋口宗孝がん研究基金(MHF)



Homepage Facebook Twitter

ARTIST


LAZY(影山ヒロノブ、井上俊次、高崎晃)


Vocal:影山ヒロノブ Guitar:高崎 晃
Drums:樋口宗孝
Bass:田中宏幸
Keyboards:井上俊次

1977年、史上最年少のロックバンドとして平均年齢16歳でデビュー。
ビジュアル、音楽性共に10代の女性を中心に魅了した。しかしアイドルとして人気絶頂の中、突然の「ハードロック」宣言。日本のハードロック界の先駆者としてその後のシーンにも影響を及ぼす名盤「宇宙船地球号」を残し、わずか3年半という短い期間で解散してしまった「伝説のバンド」であった。
後にLOUDNESS,NEVERLAND,ソロシンガーと音楽界においてそれぞれが一線を秀でた活躍をみせる。
1998年「ウルトラマンダイナ」EDテーマ「ULTRA HIGH」で17年振りに衝撃の再結成。
同年にアルバム『Happy Time』を発売し完全復活を遂げる。独自の活動と並行し、2002年には『宇宙船地球号II』を発売、ライブなど活動を継続する中、2006年ベースの田中宏幸、2008年にドラムの樋口宗孝が永眠。故人の精神を継承し、2009年4月には奥田民生、斉藤和義、JAM Projectをサポートミュージシャンに迎え、初期シングル「感じてナイト」のリメイク曲「感じてKnight」を田中、樋口のライブ音源を使いアニメ『真マジンガー衝撃!Z編』主題歌としてリリース。
2011年には、『トワノクオン』主題歌となった18枚目のシングル「Reckless」をリリース。

以降、影山ヒロノブの所属レーベルであり、井上俊次が代表取締役を務めるレーベル・ランティスの、周年記念ライブフェス『10th Anniversary Live ランティス祭り』、 『15th Anniversary Live ランティス祭り 2014』に出演のほか、 『Act Against AIDS 2012「アニソンAAA Vol.1」や、「Rock Beats Cancer FES」等にも出演するなど、 チャリティーライブイベントを中心に、ライブイベント出演の活動を行ってきた。
そして、2017年デビュー40周年を記念して、シングル「Slow and Steady」は発売、さらにワンマンライブを開催。

Official Site

LOUDNESS


81年、樋口宗孝(ds)、高崎 晃(g)、二井原 実(vo)、山下昌良(b)の4人で“LOUDNESS”を結成。日本のハード・ロック・シーンを揺るがすファースト・アルバム『誕生前夜~THE BIRTHDAY EVE』をリリース、浅草国際劇場でのデビュー・コンサートで圧倒的なライヴを見せつけたところから、数々の伝説がうまれていくことになる。

その後、国内で精力的な活動を行っていたLOUDNESSは、83年7月には初のアメリカ西海岸、そしてヨーロッパツアーを敢行し、そのライヴが、アメリカのアトランティック・レコード関係者の目にとまり、日本のバンドとしては初となるワールドワイドの複数枚契約を結ぶこととなる。記念すべき世界発売となったアルバム『THUNDER IN THE EAST』は、アメリカ「ビルボード誌」のチャートでは、日本人バンドとしては異例の74位を記録し、チャート・インから連続19週に渡ってチャート・インし続けた。そして、モトリー・クルーとの全米ツアーでは、日本のバンドとしては初のマジソン・スクエア・ガーデンのステージに立つという快挙も成し遂げる。続くアルバム『LIGHTNING STRIKES』はビルボード誌では前作を凌ぐ64位を記録し、その後も国内外で精力的な活動をつづけるが、88年12月、二井原が脱退を表明。そこからは、アメリカ人ヴォーカリストをはじめ、数度に及ぶメンバーチェンジを繰り返すが、2000年にオリジナル・ラインナップによる再結成を果たし、アルバム『SPIRITUAL CANOE~輪廻転生』をリリース。全国ツアーも行ない、帰ってきたラウドネスにファンは大狂乱。ブランクを埋めるがごとく怒涛のリリースラッシュと、精力的なライヴ活動をつづけるが、ALBUM『METAL MAD』をリリース後、樋口宗孝が肝細胞癌治療のため休養。その後半年間にわたり、過酷な闘病生活を送っていたが、同年11月30日午前10時44分、樋口宗孝が肝細胞癌のため49歳という若さでこの世を去る。

その後、後任ドラマーに鈴木“あんぱん”政行を迎え入れ、バンドは休む間もなく活動を続行。2013年には、より磐石な体制で音楽活動に専念するため、自らのマネージメント&レーベルとなるカタナミュージックを立ち上げ、2014年にはアルバム『THE SUN WILL RISE AGAIN~撃魂霊刀』をユニバーサルよりリリース、国内ツアーはもとより、海外の様々なフェスから声がかかるようになる。毎年夏にヨーロッパのメタルフェスを渡り歩く成果も年々実りだし、ふたたびワールドワイドの契約も手に入れ、2018年1月、4年ぶりのニュー・アルバム『RISE TO GLORY -8118-』をリリースするが、ツアー直前にドラマーの鈴木が脳梗塞で倒れ、急遽サポートに西田竜一を迎え国内ツアーを敢行し、その後のEU TOUR、韓国でも大盛況ののち、9月にはMETAL WEEKENDと称された四日間のイベント初日で、凱旋公演としてそのパワーアップした姿を披露。最終日には、脳梗塞の治療を終えた鈴木もステージに登場!!後遺症と闘い、いつの日かまた完全復帰することを力強く宣言した。イベント翌日の12/30(日)には、同会場にてアルバム「RISE TO GLORY」全曲再現ライヴも行う。

Official Site

GRANRODEO


ヴォーカルのKISHOWとギターのe-ZUKAによるロックユニット。数々のアニメ主題歌を担当。 2015年のライブ動員ランキング(声優・アニメ部門)では、第3位を獲得。そのずば抜けたパフォーマンス力の高さでファン層拡大中!
アニソンアーティストの枠にとらわれず、イナズマロックフェスなどのフェスやイベントにも積極出演。 KISHOW(谷山紀章): 声優としての演技もさることながら、ずば抜けた歌唱力で今、最も注目をあびている男性声優。 デビュー曲「Go For It!」以降、GRANRODEO全ての作詞を担当。
e-ZUKA(飯塚昌明): J-POPやアニメ・ゲームなどに幅広く楽曲提供を行い、クリエイターとしても活躍中のギタリスト。 GRANRODEO全ての楽曲を担当。

Official Site Twitter

怒髪天


増子直純(VO)、上原子友康(GTR)、清水泰次(BASS)、坂詰克彦(DR) 1984年、札幌で結成。自らの音楽性をJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称し、独自のロックンロール道を確立。メンバーそれぞれの抜群のキャラクターを活かして、楽曲提供、映像作品/舞台出演、アイドルとのコラボなどロックバンドの垣根を越えて活動中。
バンド結成25年を迎えた2009年頃から、テレビ/ラジオ番組、TVCM等メディア露出も増加し、知名度が全国区に広がる。2014年1月、結成30周年記念公演として自身初の日本武道館ワンマン公演を敢行。大成功、満員御礼におさめる。 今年7月、2年振りのフルアルバム『夷曲一揆(ヒナブリイッキ)』をリリース。現在、2019年1/26日(土)Zepp Divercity Tokyo公演まで全27公演の全国ツアーを絶賛開催中。

Official Site

JAM Project


【影山ヒロノブ遠藤正明きただにひろし奥井雅美福山芳樹】 「アニソン界」を代表する実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたスーパーユニット。世界に誇る進歩した日本のアニメーションに見合う主題歌を作り歌っていきたいと、シンガー達自らが立ち上がり、集いました。アニメやゲームに付随した主題歌文化に磨きをかけていきたいという欲望をもってJAM Projectは「アニソン」というジャンルの中で独自の地位を築き上げました。
何よりも大切なのは、その声に、他のシンガーとは違う「力」が存在する事です。
現在では、メンバー自らが主題歌の「曲づくり」にも携わっています。プロデューサーや監督達との打合せ、デモづくり、ディレクションと、「作品」=「主題歌」を目指して、常に制作者と表現者を兼ねて邁進しています。
メンバーは個人でも活躍の中、お互いに刺激しあい、一人一人の豊かな個性が一つの名のもとに集うことで、JAM Projectならではの「主題歌」を作り上げるのです。現在までに約200曲を発表。それら全てがパワフルでスピリットあふれた「真の主題歌」なのです。
2008年には、“No Border”というタイトルのもと、初のワールドツアー(台湾・ブラジル・アメリカ・韓国・中国(北京・上海・香港)・メキシコ・フランス・スペイン)8カ国10都市にて実行しました。
以後、海外からの呼び声も多く、シンガポール、タイ、サンマリノ、ドイツなどのアニメイベントや上海万博、麗水万博など日本文化の代表として「アニソン」を各国で歌っています。2012年にはバンドを引き連れ、南米ツアー(ブラジル・ペルー・アルゼンチン・チリ)を行い、日本の本格的なアニソンライブを届けてきました。 日本国内でも09年に日本武道館でのワンマンライブを満員にしたのを皮切りに、大阪城ホールや横浜アリーナ、武道館2days公演や全国各地でツアーを行い、老若男女を問わず、幅広い年齢層に支持をされています。
2017年オリジナルアルバムを引っさげた国内ライブツアーを開催、2018年2月にそのファイナル公演を日本武道館にて締めくくり、そのままの勢いでアジアツアーを同年5月、6月に開催。 「アニソン」は、国境や音楽のジャンル…様々な境界線を越えていきます。
アニメの主人公と同じく、彼らのボイスパフォーマンスは、常に「夢」の実現を目指しています!

Official Site

ジミー桜井(MR.JIMMY/JBLZE)


新潟県出身。14歳でギターを手にし、17歳からレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが創り上げた音楽世界を再現する演奏活動を開始。1994年から東京でレッド・ツェッペリンの各年代ライヴを総合的に再現する【MR.JIMMY】を率いて世界的な注目を集め、2012年にはジミー・ペイジ本人がライヴに来場し大喝采を得る。2014年全米で人気のトリビュート・バンド【レッド・ツェッパゲイン】に加入し渡米。ロサンゼルスを拠点に全米各地、カナダなどをツアーし、日本には2014年より3年続けて東京・EXシアター六本木の公演のため来日したほか、2015年ソニーレコードより『永遠の響(おと)』Vol.1&2を2枚同時リリース。
2017年1月同バンドを脱退、トリビュートを超えた"リバイバル"をテーマにレッド・ツェッペリンのライヴが持つエナジーを完全に表現すべく、自身のリーダーバンド【MR.JIMMY】を米国で結成。デビュー・ライヴを1969年ツェッペリン初の全米ツアーの舞台となったハリウッド/ウィスキー・ア・ゴーゴーにて行い、大好評を博す。
MR.JIMMYの活動と並行して同年11月より故ジョン・ボーナムの息子ジェイソンが率いる【JBLZE(Jason Bonham's Led Zeppelin Evening)】にギタリストとして加入し全米、カナダをツアー。2018年はオーストラリア、ニュージーランドの他、フォリナー、ホワイトスネイクと共に全米ツアーを敢行。日本では2018年7月に自伝『世界で一番ジミー・ペイジになろうとした男』(リットーミュージック刊)を出版。12/21(金)には2年ぶりの東京・EXシアター六本木にてMR.JIMMYレッド・ツェッペリン結成50周年記念公演「LISTEN TO THIE EDDIE 1977 THE LAST US TOUR OF LED ZEPPELIN」が決定している。

Official Site

こちらもチェック