IRON MAIDEN アイアン・メイデン | LEGACY OF THE BEAST TOUR in JAPAN

toggle navigation

IRON MAIDEN アイアン・メイデン | LEGACY OF THE BEAST TOUR in JAPAN

NEWS

ニュース一覧

TICKETS

神奈川2020年519日(火)・20日(水)
ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/START 19:00
MAP
プレミアムシート
¥20,000-(税込/全席指定)
指定席
¥13,000-(税込/全席指定)

チケット発売日:
125日(土)

※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※ハンディキャップエリアをご希望のお客様は指定席をご購入お願い致します。
INFO: クリエイティブマンプロダクション
TEL:03-3499-6669
大阪2020年522日(金)
エディオンアリーナ大阪
OPEN 18:00/START 19:00
MAP
プレミアムシート
¥20,000-(税込/全席指定)
指定席
¥13,000-(税込/全席指定)

チケット発売日:
125日(土)

※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。
※ハンディキャップエリアをご希望のお客様は指定席をご購入お願い致します。

MESSAGE

ヴォーカリスト、ブルース・ディッキンソンのコメント

前回の来日から4年経つ中、今回は日本のファンにLegacy Of The Beast Tourをお披露目できる事を嬉しく思っているよ。僕たちはこのショーをとても誇りに思っていて、ヨーロッパや北アメリカ、メキシコ、そして南米のショーを見に来てくれたたくさんのファンからはすごい反響だったんだ。日本公演のプロダクションはこれら公演と全く同じ内容になる予定なんだけど、エディーの化身達が様々なメイデン・ワールドへ行くという、僕たちのモバイル・ゲームに基づいた内容なんだ。そこで、ファンのみんなをこの世界に連れて行き、各世界の曲やセットを体験してもらおうとひらめいたんだ。
ステージ用にこれら違う世界を作り上げるのは結構難しくて、実現させる為にとても頑張った甲斐があって、今までのツアーの中でも今回が最も壮大で手の込んだものに仕上がったよ。‘Aces High’のセット中はスピットファイヤー機のレプリカがステージを独占したり、たくさんの特効もあり、巨大なイカロスやマスケット銃、クレイモア剣、そしてフレイムスロウワーなんかも使って僕も楽しませてもらっているクレイジーな演出が満載だ。そしてもちろん、今までに見た事が無いエディーも出演するしサプライズがたくさんだ!これらの見事なツールを使ったステージ演出はファンタスティックなものなんだ。早くみんなにも見て欲しいよ!
※消防法により日本では一部行えない演出がある場合がございます。

ベーシスト兼バンドの創始者、スティーヴ・ハリスはこう付け加える

ステージ上の世界の変化に合わせて曲を選択するために、このツアーのセットリストを作る際には熟考を重ねたんだ。‘Flight Of Icarus’や‘Sign Of The Cross’、‘The Clansman’などの長年演奏していなかった曲もあれば、‘The Trooper’、‘2 Minutes To Midnight’、‘The Number Of The Beast’、‘Fear Of The Dark’、‘Run To The Hills’、‘Hallowed Be Thy Name’などのみんなが聴きたい曲もあって、ショーの様々な世界のテーマを反映しつつバランスのとれた最強の流れになったと思う。今回のセットリストは、ファンのみんなが良く知っているけれど日本では10年以上もライヴで演奏していない曲もあるから、このツアーを日本でできる事に興奮しているよ。バンドメンバー全員がこのツアーをエンジョイしているんだ、そしてみんなにまた会える事を楽しみにしているよ!

PROFILE

IRON MAIDEN アイアン・メイデン | LEGACY OF THE BEAST TOUR in JAPAN

1975年にロンドンで結成、80年代初頭に起こったニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル・ムーヴメント(NWOBHM)を牽引し、80年代後半から90年代のメタル・ブームの立役者としてシーンに多大なる影響を与え、新世紀に入ってからもヘヴィ・メタル最大のアイコンとしてシーンに君臨し続ける、最も成功したメタル・バンドがこのアイアン・メイデンだ。
1980年に発表したデビュー作『鋼鉄の処女』を発表して以降、15枚のスタジオ作品と11枚のライヴ作品、その他ベスト・アルバムやボックス・セットなどを発表し、累計アルバム・セールスは9,000万枚を超え、ケラング!アワーズやメタル・ハマー・アワーズといったメタル系の賞はもちろんのこと、グラミー賞やブリット・アワードといったジェネラルな音楽賞も合わせおびただしい数の賞を受賞している。
オリジナル・ヴォーカリストであったポール・ディアノが『鋼鉄の処女』(80年)『キラーズ』(81年)の2枚のアルバムを発表した後に脱退、その後ブルース・ディッキンソンをヴォーカルに迎え、82年に3rd『魔力の刻印』を発表、この作品は全英1位に輝き、その後の快進撃に続いていく。83年には『頭脳改革』、84年に『パワースレイヴ』、86年に『サムホエア・イン・タイム』、88年に『第七の予言』とコンスタントの作品を発表、名実ともに「ヘヴィ・メタル」の最強バンドとしての地位を築き上げる。その後も90年に『ノー・プレイヤー・フォー・ザ・ダイイング』、92年に『フィア・オブ・ザ・ダーク』を発表、その人気と実力を揺るぎないものとするが、ここでブルース・ディッキンソンがバンドを脱退、シーンに大きな衝撃を与えた。
その後バンドはブレイズ・ベイリーを新たなヴォーカリストに迎え、95年に『Xファクター』を、98年には『ヴァーチャルXI』を発表するが、ブルース在籍時の勢いはなく、しばしの低迷期を迎える。
新世紀を迎える頃、ブルース・ディッキンソンとギタリストのエイドリアン・スミスが復帰し、トリプル・ギター編成となったバンドは、2000年に『ブレイヴ・ニュー・ワールド』、03年には『死の舞踏』、06年に『ア・マター・オブ・ライフ・アンド・デス~戦記』とコンスタントに作品を発表し、新旧メタル・ファンを熱狂させ、ファンの世代交流を現実のものにする存在へと登り詰めていく。10年に発表した『ザ・ファイナル・フロンティア』は全英のみならず世界各国で1位を記録、全米でも4位、日本でも総合チャートで5位を記録し、その凄まじい人気を見せつけてくれている。15年には16枚目のアルバムとなる『魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』をリリース。2週連続で全英1位、日本でもオリコン洋楽チャートで1位を記録、翌年4月には両国国技館公演で来日、公演日2日間とも即日完売の大盛況に幕を閉じた。18年にはワールド・ツアー「レガシー・オブ・ザ・ビースト」をスタート、これまで10年以上ライブ・パフォーマンスされていなかった楽曲を織り交ぜたプレイリストに世界中を熱狂の渦に巻き込んでいる。

MUSIC VIDEO

Social Links

ENGLISH

Kanagawa5/19/Tue. 20/Wed. 2020
Pia Arena MM
OPEN 6:00PM/START 7:00PM
Premium Seat
¥20,000-(tax incl. / All Reserved Seat)
Reserved Seat
¥13,000-(tax incl. / All Reserved Seat)

1.25.Sat on sale

※Please notice we do not allow children preschool age (5 years old) and younger to enter the show / venue.
INFO: Creativeman
TEL:03-3499-6669

ENGLISH

Osaka5/22/Fri. 2020
EDION Arena Osaka
OPEN 6:00PM/START 7:00PM
Premium Seat
¥20,000-(tax incl. / All Reserved Seat)
Reserved Seat
¥13,000-(tax incl. / All Reserved Seat)

1.25.Sat on sale

※Please notice we do not allow children preschool age (5 years old) and younger to enter the show / venue.
INFO: Kyodo Information
TEL:0570-200-888